☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2018.8.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆左の写真は、8月12日に撮った神殿です。
 今年の台風は、12号も13号も、今九州にいる15号も、今までにないコースをたどり、気象庁の予報官だけでなく、多くの人たちに驚きを与えています。
 一部では大雨が降り被害も出ていますし、また一方では、雨が降らなくてダムの水が少なくなり、給水制限も続いているようです。ここ米沢市も例外ではなく、給水制限だけでなく、学校等のプールも使用禁止になっています。
 ところで、旧暦8月の別名を葉月(はづき)といいますが、その由来は木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」が「葉月」となったという説が一番有力なんだそうです。
 でも、この暑い盛りになぜに紅葉と思うかもしれませんが、旧暦の8月は、今年の場合は9月10日から10月8日までです。さらに10月8日は寒露ですから、葉が落ち始めると言っても、あながち不思議でもないわけです。
 この説の他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説もあり、むしろこの説の方が季節には合うかもしれません。


☆8月12日に、久しぶりに抜けるような青空なので、朝のうちに田んぼアートに行ってきました。そのときの写真が右です。
 やはり、山際まですっきりとした青空で、田んぼアートもすっきりと見えました。そろそろ、白稲がくすんできたように見えますが、見頃は8月までは続きそうです。
 今年の絵柄は、昨年と同じように公募をおこない、「直江兼続400回忌」とデビュー10周年を迎える米沢市のマスコットキャラクター「かねたん」です。
 毎日、暑さが続いていますが、この田んぼアートを見下ろす展望台は、樹々に囲まれ、下を流れる川から風が舞い上がってきて、とても涼しいです。ベンチもあり、ゆっくり涼むこともできます。
 小野川温泉にいらっしゃったら、ぜひ、ここまで足をお運びください。


☆左の写真は、8月14日に撮った「白花ダブル咲きキキョウ」です。
 これは、北海道の大雪山に行ったときに、旭川のシャクナゲの仲間からいただいたアポイキキョウです。
 たくさんのなかから、気に入ったアポイキキョウをもらってきたのですが、もともとは背丈は短く、15〜20センチ程度でした。ところが、栽培しているうちに伸び出して、そのなかから、白花だと思っていたのにダブル咲きが出ました。
 毎年、同じような花型なので、固定しているようです。しかし、シボリ咲きと思ってもらったのは、だんだんとシボリが消えて、ただの白花キキョウになってしまいました。
 でも、何年かに1回は、シボリが出て、ビックリさせられます。

 ところで、毎回掲載している四国八十八ヵ所巡礼は、今回は、昨年の3月7日に第55番札所南光坊と第56番札所泰山寺をお詣りしたときのものです。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved