☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
 この『大黒さまのホームページ』を管理しているのは、甲子大黒天本山の山主です。もし希望などがありましたら、最下段のメールアドレスよりお願いいたします。

水平線
【更新情報 2021.6.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆右の写真は、6月13日に撮った神殿です。
 この日は真っ青な空で、季節的には1年でもっとも清々しいとき、ここにいると川風も上がってきて、空気もさわやかです。ぜひ、ゆっくりとお参りして、ゆったりとした時間をすごしてみてください。
 そろそろシャクナゲの花は少なくなってきましたが、ヤクシマシャクナゲなどはこれから咲きますし、初夏の山野草たちもこれからです。

 さて、旧暦6月の別名を水無月(みなづき)といいますが、今年は7月10日から8月7日の立秋までです。おそらく、この時期になれば、例年なら梅雨の末期から明けるころですが、昨年のような集中豪雨も気にかかります。
 当山から吾妻山を見ると、今年は大雪のわりには残雪は少なく、水不足も心配です。

☆左の写真は、6月15日に撮った「米沢 田んぼアート2021」の現在です。
 田植えをしたのが5月30日でしたから、ちょうど2週間ほど経ったので、今朝15日に行って見ると、うっすらと図柄が浮き上がって見えました。昨年は新型コロナウイルス感染症の拡がりで中止でしたが、今年は米沢市内在住の方に限定して、地元の小学生たちと150人ほどでイネの苗を植えたものです。
 図柄は小野川温泉のキャラクター「温泉むすめ 小野川小町」で、緑、紫、赤、白、黄色の古代米のイネを使いました。
 ここの田んぼアートの広さは約36アールで、この写真を撮った展望台から見下ろすことができます。
 これから、ますます図柄がよくわかるようになり、9月26日の稲刈りまで楽しめます。
 よく、一番の見頃はと聞かれますが、稲が実る黄金色のときもいいですが、私が一番好きなのは7月の梅雨の晴れ間の青々とした田んぼです。好き好きですので、何度か見に来ていただけれは、いいのではないかと思います。

☆右の写真は、6月15日に撮った「ウノハナ」です。
 この植物は、童謡「夏は来ぬ」に出てくることから、初夏を代表する花で、この時期になるとつい口ずさみたくなります。その歌詞は「卯の花の、匂う垣根に 時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ〜」です。
 ここに抜書きしようとすると、「早も来鳴きて」を「早起き鳴きて」を間違えそうになりました。やはり、時間が経つうちに間違いやすくなる、と改めて原点に戻ることの大切さを感じました。
 前回から『越後三十三観音の旅』の連載を始めましたが、札所では観音経を唱えてお詣りするのですが、このお経も繰り返しが多く、どこまで唱えたかわからなくなるといいます。だから、私の場合は、いつでも確認できるように、観音経を写経したものを納経帳にはさめています。

 さて、今回の『越後三十三観音の旅』は、第6番札所常楽寺です。興味のある方はぜひ見てみてください。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved