☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2018.9.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆左の写真は、9月13日に撮った神殿です。
 今月に入って、大型台風が来たり、地震があったり、まさに日本全体が自然災害に見舞われたかのようです。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 さて、旧暦9月の別名を、「長月(ながつき)」といいますが、この由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力で、一般にも納得しやすいと思います。
 これ以外にも、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説もあるそうですが、9月は、本来は陰暦8月15日ですが、「中秋の名月」もあり、なるほどと思えます。
 お月さまといえば、ススキのイメージもあり、その花穂もだいぶ目立つようになってきました。
 やはり、季節の秋もだいぶ近づきつつあるんでしょう。まさに、収穫の秋、食べ物の美味しい秋です。日本の原風景は、やはり田んぼです。漢字で書くと「田圃」ですが、これは当て字で、もともとは「たのも(田面)」あるいは「たおも(田面)」の音変化ではないかと言われています。
   そういえば、古事記にも、「豊葦原の瑞穂の国 (とよあしはらのみずほのくに)」と書かれていて、言葉通りに解釈すれば、豊かな広々とした葦原のように、みずみずしく美しい稲穂が実る国というくらいの意味なんでしょう。やはり、日本のはじめから田んぼ風景はいちばん心なごむ風景だったのではないかと思います。
 ちなみに、今年の田んぼアートの稲刈りは、9月30日を予定しているそうです。
 また、10月初旬までインドで12年に一度しか咲かない「クリンジ」の花を見に行くので、10月1日の更新はできませんので、ご了承ください。


☆9月1〜2日、川西町のフレンドリープラザにある「遅筆堂文庫」に泊まってきました。もちろん、普通は図書館になど泊まれないのですが、たまたまブックブック・オキタマの企画で、今回が2回目ですが、泊まることができました。
 1日の夜は、図書館内の好きなところに泊まることができ、私は井上ひさし氏の原稿や使用していた品々の展示のところに寝袋を広げて、泊まりました。この遅筆堂文庫は、井上ひさし氏が生涯かけて読み尽くした蔵書20万冊のほとんどがここに収蔵されています。ここのパンフレットにも、「本は人の運命を変えます。一冊の本が、読んだ人の考え方、生き方を変えるということがありますね。」と井上さんの言葉が書かれていますが、ほんとうにそうだと思います。
 それらの蔵書には、書き込みがあったり、読みかけのしおりがさしてあったり、今でも息づかいが伝わるようです。
 そこに泊まれるわけですから、こんな機会は滅多にありません。そして、夜遅くまで館内の本を自由に読み、さらに寝てからも夢のなかで本の海のなかを泳ぐ夢をみてました。まさに、寝ても覚めても、すごく楽しい時間を過ごすことができました。


☆左の写真は、8月26日に撮った小諸の「懐古園の三の門」です。
 前回の更新のときに、お茶の仲間たちと長野県に行って善光寺や北向観音などをお詣りしたことを書きましたが、道路も比較的空いていて予定よりも早く進んだので、帰りに小諸の懐古園にもまわりました。
 実は、ここ小諸は、学生時代のとき、ゼミの夏合宿で毎年来ていたところで、民宿に泊まりながら、汗をかきながら勉強したことなどを思い出しました。そして、東京に戻る前日に懐古園まで来て、なかを散歩したり、その前の蕎麦屋さんで先生にご馳走していただいたりしました。
 そういえば、ここに草笛を吹くお坊さんがいて、その音色を聞きながら、千曲川を眺めたことも思い出します。それは、たまたまその草笛を聞ける「草笛メロディー装置」を見つけたことが思い出につながりました。お坊さんは横山祖道師で、調べてみると、昭和33年に小諸に移り、昭和55年5月21日まで草笛を吹き続けたそうです。ということは、間違いなく、私の学生時代をふくんでいます。
 でも、他の人たちもいるので、この草笛は聞きませんでしたが、次の機会には一人で来て、ゆっくりと聞いてみたいと思いました。

 ところで、毎回掲載している四国八十八ヵ所巡礼は、今回は、昨年の3月7日に第59番札所国分寺と翌8日に第61番札所香園寺をお詣りしたときのものです。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved