☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
 この『大黒さまのホームページ』を管理しているのは、甲子大黒天本山の山主です。もし希望などがありましたら、最下段のメールアドレスよりお願いいたします。

水平線
【更新情報 2021.10.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆右の写真は、10月14日に撮った神殿です。
 この日は久しぶりに朝からすっきりと晴れ、秋晴れの清々しい1日でした。
 11月19日には、甲子大黒天本山の例大祭があります。10月1日から新型コロナウイルス感染症のさまざまな制限が少しずつ解除されましたが、例大祭後の直会は難しいようです。現在の状況から考えて、今年も昨年と同じように、諸作法の後の福餅の献膳はせず、そのかわりに、特別祈祷した真空パック詰めのお餅とご神酒をお配りすることにしたいと考えています。また、直接お参りできない方は、郵送でも例大祭の特別祈祷を受け付け、大祭後にお送りいたしますので、なにとぞご理解いただきたくお願い申し上げます。
 なお、ご参拝のときには、ワクチンの接種やマスク着用の上、なるべく密を避けるようにお願いいたします。もし、ご不明な点がありましたら、甲子大黒天本山 0238-32-2929 までお電話ください。

 さて、旧暦10月の別名を「神無月(かんなづき)」といいますが、もとは「神無」はたんなる宛字のようです。だから、いろいろと諸説があり、たとえば、神嘗月(かんなめづき)で、新嘗(にいなめ)の準備をする月だから、という説や、月醸成月(かみなんづき)で新穀で新酒を醸す月という意味だとする説などがあります。
 ユニークな解釈では、雷無月(かみなしづき)で雷のない月という説もあります。

☆左の写真は、10月10日に小町山自然遊歩道で撮った「チャの花」です。
 つまりお茶の木の花で、だいぶ前に新潟の方からいただいたもので、村上産だそうです。ここは、お茶の産地としては最北の地だそうで、寒さにも比較的強いということでしたが、たしかに今も元気で育っています。
 もともと茶の木は中国雲南省の原産といわれ、その古樹もみたことがありますが、たしかそのときの説明では1000年ほど経っているという話しでした。
 私は50年近く表千家のお茶を習っていて、新型コロナウイルス感染症が広がってからはお稽古もままならないのですが、お抹茶だけはほぼ毎日自分で点てて飲んでいます。だからなのか、お茶そのものはカテキンなどの作用でウイルスなどに対する抵抗力も増すという話しなので、毎日元気に暮らしています。そして、コロナ自粛の生活のなかでも、13日はすやの「栗きんとん」などを友人から送っていただいたので、その銘菓を食べながら、いっしょに旅行をしたときのことなどを思い出しました。
 コロナ禍だからできないというのではなく、コロナ禍でも楽しもうとする気持ちは必要です。
 今月18日は、十三夜なので、この日はダンゴやマメなど供え、中秋の名月のときと同じようにお抹茶を点てて飲もうと考えています。

☆右の写真は、10月6日にお詣りした福島の信達三十三観音霊場の第1番札所、「小倉寺観音」です。
 やっと10月1日から新型コロナウイルス感染症にともなう県を越えての移動ができるようになり、今年の春から考えていた福島の信達三十三観音霊場をお詣りを始めました。10月6日、そして8日とまわり、あともう1回で満願達成できると思います。
 信達三十三観音霊場は多くがお寺の名前ではなく、第1番札所「小倉寺観音」というように呼んでいるようで、別当寺は宝城山「大蔵寺」です。ここは国道14号の渡利バイパスから坂道を上ったヤマの中腹にあり、とても見晴らしのよいところにありました。いちおう全部をお詣りして、写真や資料を整理してから、霊場のことを書く予定です。
 ですから、まだ『越後三十三観音の旅』は続きますので、よろしくお願いいたします。

 ちなみに『越後三十三観音の旅』は10回目となり、今回は第10番札所の長徳寺です。ここにお詣りしたのは令和2年9月30日でしたから、約1年前のことです。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved