☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2019.3.1】
☆『今月の写真』 更新しました!
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆左の写真は、2月27日に撮った神殿です。
 下から見上げると雪の壁みたいですが、これでも例年から比べると半分以下の積雪です。なので、参拝の道はしっかり除雪してありますので、ぜひご参拝ください。

 さて、弥生3月、なんとなく春がそこまで来ているような感じがしますが、この旧暦3月の別名「弥生(やよい)」というのは、『草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説』がもっとも有力です。
 今年の旧暦の3月は、4月5日〜5月4日までですから、まさに草木がいよいよ生い茂るといわれても納得です。しかも今年は、旧暦3月27日が即位の礼ですので、思い出に残る「弥生」になるでしょう。

☆右の写真は、2月27日に小町山自然遊歩道に行ってみたときに撮ったシャクナゲです。
 もう、すでに雪から顔を出しています。その枝先をみると、春に咲く予定の花芽がたくさん着いています。おそらく、他のシャクナケの枝先にもついているでしょうから、春が来るのが楽しみです。
 これは、もともとの自生地は中国の雲南省で、種から育てたものです。ここまで大きくなるには、50年ほど経っています。
 まさに蒔かぬ種は生えぬです。どんな植物でも、蒔けばかならず花を咲かせ、昔からここにいたかのような存在感があります。
 そうそう、3月10日から、この中国雲南省に行くことになって準備を進めています。それで、このホームページも次回の更新は4月1日の予定になりますが、ご了解ください。そのときに撮ってきた写真も、いずれこのホームページに掲載したいと思っています。

☆左の写真は、東京ドームで開催された「世界らん展2019」に行ったついでに、鎌倉まで足を伸ばし、妙法寺で撮ったものです。
 ちょうど梅が見頃で、本堂の前に紅白の梅が咲いていました。
 また、この近くに竹林で有名な報国寺があり、そこを見てから、ここに来ました。というのは、私の知り合いで、妙法寺の境内地に古民家を移築して茶室「喜泉庵」をつくった建築家がいて、そこでお抹茶をいただくのも、楽しみの一つでした。
 さらに、ここの境内地には、「石窯ガーデンテラス」があり、前回来た時には月曜日で定休日だったので、食べることはできませんでした。でも、今回はお昼ちょっと前にうかがい、おいしいランチをゆっくりと食べることができました。

 ところで、毎回掲載している四国八十八ヵ所巡礼は、今回は、昨年の3月10日にお詣りした第79番札所天皇寺と第80番札所國分寺です。
 月2回の更新ですので、なんとか80番代まできました。残りはあと8ヶ寺ですので、もう少しお付き合いください。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved