☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2018.6.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆左の写真は、6月14日に撮った神殿です。
 ここ最近、朝晩は寒いときもあり、日中もとても過ごしやすい日が続いています。この写真を見てもわかるように、木々の緑も深さを増し、1年のなかでもいちばん快適な季節かもしれません。

 さて、旧暦6月の別名を水無月(みなづき)といいますが、今年は7月13日から8月10日までです。おそらく、この時期になれば、少しは梅雨にかかるでしょうが、すぐに真夏になり、もしかすると水無月のように本当の水不足になるかもしれません。
 当山から吾妻山を見ると、ほんの少ししか残雪はあります。今年の冬は厳しかったのですが、春が早く来たこともあり、季節が進んでいるようです。


☆田んぼアートの絵柄が、そろそろ浮き上がってきたかな、と思い6月14日に行ってみました。
 今年の田んぼアートの田植えは5月27日でしたから、2週間以上経っています。
 右の写真は、展望台から見た6月14日現在の田んぼアートですが、まだ稲と稲の間隔はあり、そこに空の雲が写ってきれいでした。今年の絵柄は、昨年と同じように公募をおこない、「直江兼続400回忌」とデビュー10周年を迎える米沢市のマスコットキャラクター「かねたん」です。
 今年も6色の苗が植えられているそうですが、ますますくっきりと鮮やかに見えてきます。おそらく、一番の見頃は、7月から8月にかけてだと思いますので、ぜひ小野川温泉に足をお運びください。


☆左の写真は、6月14日に撮った「ヤマボウシ」です。
 これは小町山自然遊歩道で撮ったのですが、米沢市内の街路樹にもこのヤマボウシはたくさん植えられていて、今、盛りに咲いています。
 これは日本だけでなく、中国などにも自生していて、花のように見えるのは実は花弁ではなく、総苞片(花のつけ根の葉)なのです。そのためなのか、観賞期間も長く、今の梅雨時には貴重な花木です。
 また、この果実もきれいで、8月から9月に紅橙色に熟します。聞くところによると、その果肉は食べることができ、とても甘いそうです。
 このヤマボウシは、西洋ハナミズキと同じ仲間で、最近では常緑性のヒマラヤヤマボウシなども植えられています。

 毎回掲載している四国八十八ヵ所巡礼は、今回は、第47番札所八坂寺と第48番札所西林寺です。どちらも去年の3月6日にお詣りさせていただきましたが、この札所の間は4.9q、時間にして20分ほどしか離れていなかったのですぐわかりました。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved