☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2017.7.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆この左の写真は、7月14日の朝に撮った神殿です。
 今年は全国的に局地的な豪雨被害があり、遭われた方々にはお見舞い申し上げます。
 ここも、時折雨が降りましたが、この日はきれいな青空なので写真を撮りました。そして、久しぶりに田んぼアートに行き、そこも写真におさめてきました。

 ところで、旧暦7月の別名を文月(ふみづき、ふづき)と呼びますが、現在では新暦7月の別名としても用いています。
 この文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっていますが、それ以外にもいろいろな説があるそうです。
 でも、7月7日の七夕も、こちらでは旧暦で行うところも多く、ちなみに仙台市の七夕は、今年も7日をはさむようにして8月6日(日)から8月8日(火)までだそうです。とくに、仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけては、豪華な七夕飾りを見ることができます。


☆14日、神殿を撮ったときに、そのまま田んぼアートに行き、写真を撮ってきました。
 しばらくぶりの田んぼアートでしたが、とてもきれいで、白稲などはとくにすっきりと見えました。
 今年の図柄は、初めて公募を行いましたが、応募のあった6作品から協議会で検討し、選出された作品、「伊達政宗公生誕450年」です。これをもとに、田んぼアート用にクレヨンマキさんにアレンジいただいたものが、図柄となっています。
 今年は緑・紫・黄・赤・白の5色で描かれていて、それらがすっきりと見えています。この田んぼアートは、今年で12回目で、毎年多くの方々が見学に来られています。
 今、田んぼアートがいちばんきれいに見えるときですので、機会があれば、ぜひおいでください。8月に入ると、稲が少しずつ黄ばんできて、お米が実る時期になります。


☆左の写真は、7月6日に撮った中国雲南省の元謀土林の風景です。
 ここは、雲南省昆明から189Kmほど離れた金砂江の川谷地域ですが、私たちは永仁から昆明に向かう途中でまわりました。写真で見るように、切り立った土峰が屹立し、約43平方キロメートルもあるそうです。この土林は赤茶けていて、高さも数十mほどあり、まさに土の林のようです。
 そういえば、ここ雲南省には、石林が世界遺産にもなっていますが、ここはまだ指定されていないようで、この他に陸良彩色砂林とで雲南三つの自然奇観林と称されているそうです。
 ここ元謀土林は、虎跳灘、班果、新華の3つの風景区に分けられていますが、ここ虎跳灘だけが入れるようで、他の班果と新華土林は未開発区で、道に迷うことさえあるそうです。
 やはり、中国は広く、いろいろなものがあるようです。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved