☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。
 これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
水平線
【更新情報 2018.12.1】
☆『今月の写真』 更新しました!
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆この左の写真は、12月1日午前8時30分に撮った神殿です。
 昨日の天気予報では、雨の予想だったのですが、夜中は降っていたのですが、起きたら晴れていました。最近の天気予報は、短期ならかなり当たるのですが、長期の予報はなかなか難しいようです。今月10日ころまでは、暖かいという天気予報も出ていますが、後半はさてどうなりますか。

 さて旧暦12月の別名を「師走」といいますが、子どもの頃は学校の先生なども忙しく走る月だと思っていました。ということは、つねにおっとりと構える先生が多かったからでしょうか。
 辞書を引くと、「師馳(は)せ月」(しはせづき)とあり、師とはお坊さんで、坊さんが走ることなのだそうです。つまり、昔は正月も盆と同じように祖先の霊をとむらう月だったことからの説ではないかと思います。
 でも、必ずしも走ることにこだわらなければ、12月は1年の終わりなので、すべてお仕舞いという意味の「仕極(しは)つ」が語源との説もあります。この「し」は仕事の「し」で、「はす」は「果てる」の意味です。
 まあ、どちらにしても、12月は1年の締めくくりの月ですから、忙しいのは当然です。だからこそ、新しい年を気持ちよく迎えられるのでしょう。

☆右の写真は、11月19日の例大祭の早朝に撮った神殿です。
 今年の例大祭は、ほとんど降雪の心配もなく、あとは晴れてくれればと思っていましたが、ときおり小雨が降ったようですが、お祭りには支障なかったようです。
 やはり天気だけは毎年のことですが心配です。でも、心配していても、これだけはどうしようもなく、まさに天気次第ですが、それでもなんとかなってきたので、これも神さまのお計らいだと思っています。
 今年は、遠くからご参拝された方もいて、後から新聞やテレビなどで知ったのですが、北海道や九州の方もいて、さらに九州の方には大きな目出鯛が当たったそうです。やはり、これも大きなお計らいのような気がします。
 それにしても、昨年は日曜日でしたので参拝者も多かったのですが、今年は月曜日でもむしろ多かったようなので、とても有り難いと思います。

☆左の写真は、来年の亥年の土鈴を並べて、当山のご朱印を押しているところです。
 とくに今年は、地震や台風、さらには集中豪雨などの天災が多かったように思います。これは日本だけでなく、アメリカのカリフォルニアでは最高気温が52℃だったそうで、山火事も多かったといいます。
 また、9月にインドのケララ州に12年に1度しか咲かない花を見に行きましたが、ここケララ州も8月にモンスーンの影響で2度も集中豪雨があり、100万人以上の方々が緊急避難されたそうです。私が行ったときにも、道路のあちこちにその時の爪痕が残っていて、橋が壊れて使えなくなっていたところもありました。
 来年は、このような天災などがないようにと心を込めて、1体ずつご朱印を押しました。来年はまた、新年号に変わりますし、大きな変わり目のときです。ぜひ、この土鈴を身近なところに置き、護っていただければと願っています。

 ところで、毎回掲載している四国八十八ヵ所巡礼は、今回は、昨年の3月8日にお詣りした第67番札所大興寺と第68番札所神恵院です。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved