☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
 この『大黒さまのホームページ』を管理しているのは、甲子大黒天本山の山主です。もし希望などがありましたら、最下段のメールアドレスよりお願いいたします。

水平線
【更新情報 2021.9.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆右の写真は、9月13日の甲子日に撮った神殿です。
 この日は朝からすっきりと晴れ上がり、秋晴れの清々しい1日でした。甲子日は曜日が重ならないので、この日は月曜日がお休みの方の参拝もありました。

 さて、旧暦9月の別名を、「長月(ながつき)」といいますが、この由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力で、一般にも納得しやすいと思います。
 これ以外にも、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説もあるそうですが、「中秋の名月」は本来は陰暦8月15日ですが、今年は9月21日で一粒万倍日でもあります。

☆左の写真は、9月7日に大井沢で撮った「そば畑」です。
 数日前に地方紙に、そば畑と月山の写真が載ったので、ぜひ私もその風景を見てみたいと思い、月山に行く途中で大井沢にまわりました。ところがその広大な風景に圧倒され、ついここに長居をしてしまいました。
 山の狭間に見えるのが月山で、昔、歩いて置賜から来るとこの道を歩いたと大井沢の古老に聞いたことがあり、今回は行けるところまで行き、そこから大井沢のほうへ下ってきました。そして、このそば畑を見つけたのです。この日は天気にも恵まれ、月山で食べようと持ってきたおにぎりを、ここで食べてしまいました。
 この辺りまで来たのは、大日寺跡湯殿山神社で火渡り修行して以来のことで、とても懐かしく思い出しました。

☆右の写真は、小町山自然遊歩道で撮った「マキエハギ」です。
 これはだいぶ前に植物の好きな方からいただいたもので、そのときは「ネコハギ」という名前を教えてもらいました。ところが、先日、ある方からこれは「マキエハギ」ではないかとのご指摘を受け、しっかりと見ると、ネコハギの花は茎に直接つくが、マキエハギは花柄がありそこに花がつく、さらに葉にも違いがあり、これは間違いなく「マキエハギ」だとわかります。
 しかも、このマキエハギは絶滅危惧種に指定されていて、最近ではあまり見ることができないハギだそうで、ここ小町山自然遊歩道でも少し増やそうかと思っています。
 小町山自然遊歩道では、このマキエハギだけでなくヤマハギやゲンペイハギなどもあり、もう少しは楽しめそうです。ぜひ機会があれば、お参りしながら小町山自然遊歩道を歩いてみてください。

 さて、『越後三十三観音の旅』は8回目で、今回は第2番札所摩尼王寺です。
 ここはその日に泊まる予定の旅館に近いこともあり、ちょっと無理をしてまわりました。それでも、お寺を管理している方のご厚意で、鍵を開けていただき、お堂のなかでお詣りできました。そして、その間にご朱印をしていただき、とても有難かったです。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved