☆大黒さまはつねに笑顔です。その笑顔を皆さま方にお授けします・・・・・☆


 甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山です。

 大黒さまのご誓願は、笑顔のなかにこそ表われています。笑顔で毎日毎日を過ごすためには、まず家族皆んなが健康であり、物質的にも十分恵まれ、しかも心に大きなゆとりをもつことが大切です。これをお授けしてくださるのが甲子(きのえね)の大黒さまです。
 この『大黒さまのホームページ』を管理しているのは、甲子大黒天本山の山主です。もし希望などがありましたら、最下段のメールアドレスよりお願いいたします。

水平線
【更新情報 2021.11.15】
☆『ちょっとお話しを』 更新しました!
☆『小町山News』 更新しました!
☆『本のたび』 更新しました!

【最新 News 】
☆右の写真は、11月13日に撮った神殿です。
 今週は例年より暖かい日が続き、天気も安定しているようです。このまま、11月19日の甲子大黒天本山の例大祭までいい天気が続けばいいなと思っています。
 10月1日から新型コロナウイルス感染症のさまざまな制限が少しずつ解除されましたが、例大祭後の直会は難しいようです。現在の状況から考えて、今年も昨年と同じように、諸作法の後の福餅の献膳はせず、そのかわりに、特別祈祷した真空パック詰めのお餅とご神酒をお配りすることにしたいと考えています。また、直接お参りできない方は、郵送でも例大祭の特別祈祷を受け付け、大祭後にお送りいたしますので、なにとぞご理解いただきたくお願い申し上げます。
 なお、ご参拝のときには、ワクチンの接種やマスク着用の上、なるべく密を避けるようにお願いいたします。もし、ご不明な点がありましたら、甲子大黒天本山 0238-32-2929 までお電話ください。

 さて、旧暦11月の別名を「霜月」といいますが、文字通り霜がおりる月の意味で、この季節になると実感します。もちろん、他の解釈もあり、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もあるそうです。
 でも、やはり霜月のほうがぴったりくるように感じます。

☆左の写真は、参道のイチョウ並木です。
 朝一番に行くと、道路が真っ黄色に染まっていますが、車が通るたびにタイヤのあとがついてきます。この葉のなかに、ギンナンも混じっていて、参拝者も拾っていかれるようです。
 さらに上ったところにモミジの木がありますが、これは1週間ほど前にほとんど葉を落としてしまい、落ちた葉がシャクナゲなどの葉の上に落ちていました。でも、それも風が吹くたびに、どこかと飛ばされてしまいました。
 先月下旬に、西吾妻バレーラインに行ってきましたが、今年の紅葉は平年よりは鮮やかさが少ないような印象でした。いろいろな人にうかがっても、今年の紅葉がきれいでないのは寒暖の差がなかったからとか、雨が多かったからではないかといいます。さらに、山の初雪が早かったことも影響しているのではないかという人もいます。
 やはり、毎年同じように紅葉するわけではなさそうですが、これだけは誰にもわからないようです。そういえば、今年の冬の長期予報も出ましたが、長期になればなるほど、その予報は難しくなるそうです。

☆右の写真は、来年の干支「寅年の土鈴」です。
 今年も例年通り作っていただきましたが、数は少し少ないので、お早めにお願いしたいと思います。
 令和4年は、五黄土星壬寅(みずのえとら)の年で、これが中宮に回座する年は変化することが多く、地震などの自然災害や大きな事件なども起きやすいといわれています。というのは、土は大地であり、そこには砂漠や土砂崩れなどの土を含み、その破壊力は他の八つの星をも支配するような強力な星めぐりです。だからよく「五黄の寅」などといいますが、これは気の強さからもきているようです。
 暦から読み説くと、草木が地上に生え始めることから、今までのゆがみやたゆみを矯正して、いろいろなことがスムーズにいくように整えることが肝要な一年となりそうです。
 このような年は、引き続き感染症対策をしっかりして、虎のような強い気持ちで、あまり些細なことにとらわれずに、いろいろなことにトライしたいと私は考えています。

 さて、先月から福島の信達三十三観音霊場をお詣りを始めたので、今回も『越後三十三観音の旅』は2ヶ寺の掲載とし、第13番札所「弘誓寺」と第14番札所「真福寺」です。ここにお詣りしたのは令和2年9月30日でした。


☆この下から、サーチエンジンGoogleによる検索ができます。ぜひ、利用ください。

Google
www を検索 大黒さまのホームページ内を検索

 連絡先 郵便番号 992-0076
 山形県米沢市小野川町小町山 甲子大黒天本山
 電話 0238-32-2929 Fax 0238-32-2988

水平線
大黒さまのホームページPart2へは、下の絵馬を押して下さい。

水平線
 ☆リンクご希望の方は、必ずお知らせください。バナーもすぐ下に準備しておりますので、お使いください。


Created by Yoshihiro Sekiya
Copyright(c)1998 Yoshihiro Sekiya All Rights Reserved