12.小町山自然遊歩道便り

●小町山自然遊歩道の今(2024年7月1日 現在)をお知らせします●

水平線

☆小町山自然遊歩道便り

 このコーナーでは、小町山自然遊歩道の今をお知らせしています。

 今日から7月、ということは、1年の半分が過ぎたということで、まさに折り返し点です。
 6月23日に南東北も梅雨入りし、例年よりはだいぶ遅い梅雨入りでしたが、ときどき雨が降ったりやんだりが続いています。先月の気象庁の発表では、エルニーニョが収束する可能性が大きく、ラニーニャが起こるという予測が出ていました。ということは、今年の夏は暑く、冬は寒くなりそうで、とても厳しくなりそうです。
 今年の小町山自然遊歩道の前半は、雪が極端に少なく、春の訪れはまあまあでしたが、5月からの高温で農作物、とくにサクランボの収穫は例年の半分以下だそうです。ここ、小町山自然遊歩道の花々も、例年よりは早く咲き、しかもあっという間に散ってしまうようで、2〜3日行かないでいると、すでに終わってしまったということにもなります。
 しかも、昨年の夏の猛暑と水不足の影響もあり、花数も少ないようで、なかなか写真も撮りにくい状況が続いています。
 おそらく、これも地球の温暖化の影響ではないかと考えています。

 今の時期は、来年のシャクナゲの花芽が作られるころで、とても大切ですが、これだけはいくら心配しても仕方ありません。
 7月6〜7日は、小野川温泉のほたるまつりのメインイベントがあります。ただ、夜の催しなので、小町山自然遊歩道へは入れませんので、ご理解をいただきたいと思います。

 (今回の写真は、6月26〜30日に撮影しました。)


キンシバイ

ヤマオダマキ

ホタルブクロ

ドクダミ

八重咲きドクダミ

五色ドクダミ

八重咲きドクダミ

コバギボウシの花

ノアザミ

マタタビの花

オオミツルコケモモの花

アカモノの実

水平線

※小さな花々も大切に!

 草木にも人間と同じ生命があります。一粒のタネが地面に落ち、やがて季節が来て芽生え、成長し、花開き、実を結び、そしてついには枯れて土に戻っていきます。このすばらしい自然の環を大切にしなければならないと思います。まさに人をいたわると同じ気持ちで……。
 そして、植物と仲良くなるには、先ず植物の名前を覚えることです。名前は単なる符牒にすぎないという人もおりますが、その背景には、必ず人間との深い関わり合いがあり、結構面白いものです。ある文人は、「植物名は、短い形式の文学だ」といいましたが、私も全くその通りだと思います。

水平線

☆小町山自然遊歩道について

 小町山自然遊歩道は、昭和59年より作りはじめ、今現在も仕事の合間をみて作業を続けています。植裁の中心は、なんといっても石楠花(シャクナゲ)で、日本ツツジ・シャクナゲ協会を初めとする全国各地の愛好者による献木が多く、日本や世界のシャクナゲなど370種類、6,000本が植えられています。そして、300種類をこす山野草も、なるべく自然のままに植付けられており、いつでも楽しめます。
 ここには、まだ非公開ですが、私が世界各地より収集したシャクナゲの原種を植え込んだ「The Rhododendrons Species Section」があり、この充実にもつとめています。

タイトル画面へ戻る