今月の写真

●このコーナーでは、私の撮った写真を掲載しています●

水平線


☆この写真は、先月7月27日に福島県いわき市にある「白水阿弥陀堂」のハスです。
 このハスを見たのは10年ほど前のことですが、たまたま機会があって再度訪ねると、ハスが咲いていました。今年はどこのハスも花付きがよくないと聞いていたので、とてもうれしかったです。
 しかも、地元の人にうかがうと、ここ2〜3年まではイノシシの被害で、ほとんどハスの花を見ることはできなかったそうです。そこで、その害を防ぐために、池の周りに電気柵をもうけたので、なんとか今年は咲いたということでした。
 そして、以前はカワセミも見ることができたのですが、この池に住み着いた黒っぽいウのような大きな鳥が食べるそうで、それもいなくなったと話していました。
 たしかに、池を見ると、その黒っぽい鳥はいましたが、ほんとうにカワセミを食べるかどうかはわかりません。

 この白水阿弥陀堂は、堂内で聞いた案内によると、平安時代末期の建築で、県内唯一の国宝建築物に指定されているそうです。実際にその優美な屋根の曲線を見ると、やはり藤原清衡の娘、徳姫によって建立されたというのもうなづけます。
 そして、この地名である「白水」というのは、平泉の「泉」という文字を2つに分けたもので、さらに岩城氏の本拠地であった平という地名の由来も平泉の「平」を取ったのではないかといわれているそうです。


(2017年7月27日撮影)


大黒さまのホームページPart4へは、下の絵馬を押して下さい。

タイトル画面へ戻る