今月の写真

●このコーナーでは、私の撮った写真を掲載しています●

水平線


☆この写真は、仙台三越で開かれている「第65回日本伝統工芸展」に行ったついでに、仙台市の「賣茶翁」にまわり購入した上生菓子と自分で点てたお抹茶です。
 ここ「賣茶翁」は西公園近くにあり、以前は平屋の建物も見えていたのですが、現在は高層マンションに囲まれてしまい、ほとんど道路からは見えなくなりました。黒い板塀と露地に植えられている松の木でわかりますが、表にある看板も小さく、おそらく始めての方はとまどうかもしれません。
 しかも、お店の電話はなく、必ず直接行かなければ買えないので、予約や取り置きもしてもらえません。お店は1畳ほどの土間と木製のショーケースがあり、そのなかを見て欲しいお菓子を注文するのです。
 ときには、お昼近くでもう売り切れということもあり、私はなるべく早く行くことにしています。
 このお抹茶を点てた茶碗は、箱もなく作者もわからないので、超格安で手に入れた信楽の焼物です。このビードロの釉薬と、焦げの部分が気に入っています。さらに少し小さめなので、旅行のときに持ち出すことも可能です。
 お抹茶は、京都の一保堂茶舗の「明昔(さやかのむかし)」です。とても軽やかな味わいで、それでいて深味があります。この抹茶は、最近のお気に入りです。


(2019年1月23日撮影)


大黒さまのホームページPart4へは、下の絵馬を押して下さい。

タイトル画面へ戻る